多摩センターの不妊治療 婦人科|人工授精(AIH)体外受精

東京都多摩市 多摩センター駅のこまちレディースクリニックです。高度生殖医療(ART)を含む不妊治療と、一般婦人科診療を行っております。お悩みの方はご相談ください。

治療費・助成制度

各不妊治療の費用をご案内いたします。

また、不妊検査、一般不妊治療における助成制度もご利用いただけます。

加えて、当クリニックは特定不妊治療費助成事業の指定医療機関ですので、不妊治療にともなう各種助成制度もご利用になれます。

各種助成制度につきましてはこちらをご覧ください

体外受精(顕微授精)・胚移植 料金表

卵の質は年齢とともに低下し、体外受精を行なってもすぐに妊娠できるとは限りません。

良い卵に出会えるまで、回数が必要になることも多いのが現状です。

当院では、採卵できる数や受精率の個人差も考慮した「到達加算型 料金プラン」も選択できるようにし、体外受精に複数回挑戦しやすい料金設定にしてあります。
※採卵前までの排卵誘発・診察費は別途必要です。平均6〜8万円(個人差あり)

体外受精(顕微授精)・胚移植
料金表のダウンロードはこちら(PDF)

採卵〜胚移植の手順(ながれ)

採卵⇒受精+培養⇒(胚凍結⇒次周期以降に胚融解)⇒胚移植

○「最小必須項目が定額の[プランA] 」のほか、「到達加算型の[プランB] 」も選択できます。

○プランの選択は採卵決定時までに行うこととし、それ以降の変更はできませんのでご了承ください。

○期待された結果に基づいて加算される[プランB]のほうが、安心できるプランと考えられますが、下記の留意点も含めてご希望のプランを選択されますようお願い致します。

□ プランBの到達加算部分では、@凍結胚1個につき5,000円多い加算、A胎児心拍が確認できたときの到達加算の8万円(Aは過去の胚移植回数に応じて減免制あり)の2点でプランAを上回る箇所があること。

□ 1回の採卵で多くの卵を採卵できて、受精率がよく、凍結胚も多めで、少ない移植回数で妊娠できた場合では、プランBはプランAより割高になる可能性があること。

採卵

(税別)

プランA 補足説明
10万円
1個も採卵できなかった場合は5万円
プランB(到達加算型) 補足説明
4万円 + 1万円〜6万円
(6個目まで加算あり)
(7個目以降は加算なし)
採卵基本料金4万円+
採卵1個につき1万円加算
(6個目まで加算あり)
精子調整

(税別)

プランA、B共通
1万円
初期培養基本料金(2〜3日目まで)
※ふりかけ方式媒精含む

(税別)

プランA 補足説明
10万円  
プランB(到達加算型) 補足説明
4万 + 1万円〜6万円
(6個目まで加算あり)
(7個目以降は加算なし)
初期培養基本料金4万円 + 培養受精加算(受精1個につき1万円加算)(6個目まで加算あり)
胚移植
※全例、超音波ガイド下で移植

(税別)

プランA、B共通
6万円
体外受精-胚移植 最小必須項目小計

(税別)

プランA 補足説明
最小必須項目小計27万円
(胚移植1回含む)
(胚凍結・融解含まず)
上記、採卵-精子精製・初期培養-胚移植の合計になります。
プランB(到達加算型)
最小必須項目小計17万円〜27万円
(胚移植1回含む)
(胚凍結・融解含まず)
胎児心拍確認到達加算
※到達加算型プランで採卵した胚で妊娠の場合

(税別)

プランA 補足説明
なし  
プランB(到達加算型) 補足説明
8万円
(過去の胚移植回数により2万円ずつ減額されます
(過去胚移植1〜4回まで)。)
(割引制度:胎児心拍確認到達加算は、過去胚移植回数×2万円を減額。5回目胚移植以降は胎児心拍確認到達加算は発生しません。

※【土曜/祝日/休日】採卵や胚移植が、
土曜日の場合は各2,500円加算、
祝日/休日の場合は各1万円加算になります。

オプション一覧表

オプションは必要や希望に応じて実施、追加

胚盤胞培養
※上記の初期培養基本料金に加算

(税別)

プランA、B共通
3万円
顕微授精(ICSI)
※初期培養基本料金に加算
※全例、紡錘体可視化レンズ併用

(税別)

プランA 補足説明
顕微授精基本料金4万円+ 実施個数1個につき1万円加算
(6個目まで加算)
(7個目以降は加算なし)
「初期培養の培養受精個数加算」とは別に「顕微授精による受精個数加算」も会計に計上されます。 プランAでは実施個数で加算ですが、プランBの場合は受精個数で加算されます。
プランB(到達加算型)
顕微授精基本料金4万円+ 受精個数1個につき1万円加算
(6個目まで加算)
(7個目以降は加算なし)
rescue顕微授精のための検卵(希望者のみ)

(税別)

プランA、B共通 補足説明
2万円 検卵してrescue顕微授精を実際に行わないことになった場合も料金はかかります。

ふりかけ媒精後のrescue希望者のみ対象であり、最初から顕微授精をする場合は、不要です。
凍結胚融解(凍結胚のみ対象)

(税別)

プランA、B共通 補足説明
1.5万円 融解1個につき1.5万円
人工孵化補助(AHA、LAH)
※全例、Saturn 5 Active使用

(税別)

プランA、B共通
3万円
胚凍結・保存
※1年以内保存料金含む

(税別)

プランA 補足説明
2.5万円/個
(最大10万円)
(同一採卵周期凍結数5個目以降は加算なし)
凍結胚1個につき2.5万円
(内訳;凍結料1万円/個+1年以内凍結保存料1.5万円/個)
同一採卵周期凍結数5個目以降は加算なし
プランB(到達加算型) 補足説明
3万円/個
(最大12万円)
(同一採卵周期凍結数5個目以降は加算なし)
凍結胚1個につき3万円
(内訳;凍結料1万円/個+1年以内凍結保存料1.5万円/個+凍結胚確保到達加算0.5万/個
同一採卵周期凍結数5個目以降は加算なし
胚凍結更新
※1年ごと

(税別)

プランA、B共通 補足説明
1.5万円×個数 凍結胚1個につき1.5万円
(更新後1年以内の凍結胚保存)
精子凍結
※1年以内保存料金含む

(税別)

プランA、B共通 補足説明
1.5万円 精子凍結更新料;1万円(採精1回分1年ごと)
精子融解(凍結精子のみ対象)

(税別)

プランA、B共通
1万円
笑気ガス麻酔
※採卵時

(税別)

プランA、B共通
1万円
局所麻酔
※採卵時

(税別)

プランA、B共通
8千円

助成制度

体外受精、顕微授精は保険の適応外となっていますが、当クリニックは特定不妊治療費助成事業の指定医療機関ですので、自治体による各種助成制度をご利用になれます。

各自治体助成制度の利用方法

助成制度を利用するには、お住まいの自治体への申請が必要となります。

申請の際には、不妊治療助成申請書や不妊治療実施証明書、住民票や戸籍謄本などが必要となります。

各自治体の助成内容や申請方法などの詳細につきましては、下記の自治体別のホームページをご覧ください。

また、都や県だけでなく、各市区町村から別途助成金が支給される制度もありますので、あわせてご確認ください。

ご案内の自治体ごとの助成制度は、変更になる可能性がございます。申請の前に各ホームページをご確認ください。

東京都にお住まいの方

東京都にお住まいの方は、下記東京都のホームページをご覧ください。

(なお。八王子市にお住まいの方は、市に申請を行い、市から助成を受けることになりますので、詳細は八王子市のホームページをご覧ください。)

市区ごとに追加で行っている助成制度もございますので、ご確認ください。

神奈川県にお住まいの方

横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市にお住まいの方は、各市に申請を行い、各市から助成を受けることになります。
詳細は各市のホームページをご覧ください。その他の地域にお住まいの方は、神奈川県のホームページをご覧ください。

市町村ごとに追加で行っている助成制度もございますので、ご確認ください。

埼玉県にお住まいの方

さいたま市、川越市、越谷市にお住まいの方は、各市に申請を行い、各市から助成を受けることになります。
詳細は各市のホームページをご覧ください。その他の地域にお住まいの方は、埼玉県のホームページをご覧ください。

市町ごとに追加で行っている助成制度もございますので、ご確認ください。

助成の対象になる方は、ぜひ助成制度をご活用ください。

不妊治療関連ページ