多摩センターの不妊治療 婦人科|人工授精(AIH)体外受精

東京都多摩市 多摩センター駅のこまちレディースクリニックです。高度生殖医療(ART)を含む不妊治療と、一般婦人科診療を行っております。お悩みの方はご相談ください。

婦人科の診療

当クリニックで診療をする症状やお悩みについてご案内いたします。

生理が重い・生理痛がひどい・生理不順など

ストレスや冷え・貧血気味であったり不規則な生活を送っていると、身体のバランスが崩れてしまい生理が重くなったり、痛みや生理が来なくなることがあります。
中には病気が隠れている場合もありますので、気になる方は一度ご相談ください。

考えられる病気や状況

生理以外に出血がある(不正出血)

生理時以外で出血がある場合、ホルモンの乱れによることもありますが、病気が隠れている場合があります。早めにご相談ください。受診の際に基礎体温表があれば合わせてお持ちください。

考えられる病気

おりものが気になる(量・臭い・色)

おりものには個人差があります。
ですが、普段のおりものに比べて量が多かったり、強い臭いがしたり、色がついている場合は何か病気が隠れているかもしれませんので、一度ご相談ください。

考えられる病気

生理前のイライラ・不調

女性は生理前になると、ホルモンの影響によって感情のコントロールが難しくなります。
それはとても自然なことで、パートナーや周りの方の理解も大切ですが、生活習慣を見直すことで自分でもある程度コントロールすることができます。生理前のイライラ・不調でお困りの場合はご相談ください。

考えられる病気

外陰部のかゆみ

外陰部は、皮膚と粘膜の混在する場所であること、また生理周期に伴いナプキンなどの外的刺激、月経血、おりものの刺激を受ける、かゆみ(炎症)の起こりやすい場所と言えます。

考えられる病気

お腹が痛い

お腹の痛みは、女性特有の病気が原因で起こっている場合もあります。

考えられる病気

生理をずらしたい

旅行などのイベント日と生理が重なってしまった場合、困った経験はありませんか?
ピルを利用すると、生理周期をコントロールすることができます。

避妊したい

避妊する場合、コンドームを使用するのが一般的ですが、途中で破れたり外れてしまうなどのトラブルがあったときに女性は身を守ることができません。低用量ピルは女性が行える避妊法として有効で、正しく服用することでほぼ100%避妊できます。

当院では、安全にピル服用を継続していただけるように6ヶ月ごとに採血によるリスク評価をしています(ピル定期検診)。安心して内服継続するためにぜひご利用ください。
(喫煙されている方には、当院では安全を考慮し処方を控えさせていただいております。ご了承ください。)

避妊に失敗した(緊急避妊)

避妊に失敗した場合でも、72時間以内であれば妊娠を防ぐ方法があります。
当院では成分名レボノルゲストレルによるレボノル法(自費 7,500円〜7,800円(税別))のみの処方を行います。
避妊効果は100%ではありませんが副作用もほとんどありませんので、望まない妊娠の可能性がある場合はご相談ください。

子宮がん検診

子宮がんの検診は、子宮頸がんと子宮体がんの2つがあります。
子宮頸がんの場合、やわらかいヘラで子宮の入り口をそっとこすって細胞を採取し、子宮体がんは細い棒状のブラシで子宮内膜の細胞を採取します。

痛みはほとんど伴わず1〜2分で検査は終了します。 検査結果で異常をみとめると、精密検査が必要となってきます。

多摩市の子宮がん検診も実施しております

市の検診の場合、検診案内の封筒も忘れずにお持ちください。

子宮がん検診をご希望の方へ

予約は必須ではありませんが、予約された方が優先されますので、ご希望の方はご予約されることをお勧めいたします。

不妊治療

当院では、タイミング法から、人工授精、体外受精など、不妊でお悩みのご夫婦のための不妊治療にも力を入れております。
詳細は不妊治療のページをご覧ください